蒸しいため誕生秘話

南米の野菜の味は濃かった!

南米に6年間暮らしていて、食べていたお野菜の味の濃さが違うことに帰国してから気付きました。
もしかしたら、日本の野菜はさらに茹でることによってその風味をお湯の中に流してしまっているのではないか?

もっとみる>>

とにかく最初は”蒸しいため”を!

栄養価を逃がさず、おいしく、簡単、そして省エネ。
こんな方法を知らないなんて人生の損失だとさえ思っています。
最初に蒸しいためでうま味をひきだしておけば、あとは煮るなり焼くなり、好きに調理していいのです。
お味噌汁でも、鍋でも、とにかくなんでも最初の手順は蒸しいためです

もっとみる>>


ビギナーからマスターまで、
野菜料理はこの1冊で完全網羅!
野菜別だからわかりやすい!

若林三弥子の蒸しいため完全マスター
2012.1.20発売 1365円(税込)
ISBN 978-4-8401-4357-8


   

『 おいしい!簡単!感激!』(20代/男性/大学生)
『 もう一生ゆでません!』(36才/女性/主婦)
『 野菜を選ぶのが楽しくなりました!』 ((30才/女性/会社員)
『 つかれた野菜に蒸しいためをすると元気になる!』 (33才/女性/会社員)
『 味は調味料ではなく食材にあることを知った』(26才/男性/会社員)
『 蒸しいためはお料理を美味しくするコツ、というか魔法のようなもの』
(28歳/女性/主婦)

『 もう蒸したくない!』 ((33歳/女性/会社員)